スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

NAKAMA to MEETING vol.1

久しぶりにちゃんとしたブログ更新です!

 

昨日2月17日(日)に、新しい地図会員限定のファンミーテイング「NAKANA to MEETING vol.1」に参加してきました。

場所は武蔵の森スポーツプラザメインアリーナ。

1回の動員数は約8000人のようです。

参加したのは13時開演の回で、11時くらいに到着し、グッズを買いに行きましたが、すんなりグッズ販売エリアに入って買うことができました。

入場は12時からでしたが、その前から待機列を形成し、会員証と身分証とチケットを照合し、入場時刻にちゃんと会場内に入れるようになっていました。

アナログ照合だから時間かかるかなと思ったけれど、非常にスムーズでストレスなく入場できました。

 

ここからは、自分のメモを兼ねた簡単なレポです。

※MCは除く。余力があったらあとで更新するかも・・・。

続きを読む >>

日曜劇場『A LIFE』第1話を見て

木村くん主演の日曜劇場「A LIFE」、見ました。

私は、SMAPメンバー出演ドラマでも、つまらなかったり好みでなければ見ないのですが、「A LIFE」は医療ドラマというよりは病院を舞台にした人間ドラマで、面白かったです。

約1時間半、あえてほとんどツイッターでつぶやくことをせず、物語の世界に集中して。そういう風な楽しみ方をしたいドラマでした。

 

放送に先立って行われた試写会は日本医師会館だったし、実際、都医師会が後援していて、試写会で見た医療従事者の感想でも、リアルで違和感なく見られたとの感想が結構見受けられたので、期待しておりました。

私自身は医療従事者ではないですが、壇上記念病院の外観が映った瞬間にどこの病院かわかる程度には医療の世界に片足突っ込んでるので、どうしても普段の自分の立場からドラマの世界の医師たちを見てしまう癖があるみたいです。

もっと純粋に楽しみたいんですけど、完全に職業病ですね(^^;

ちなみに、壇上記念病院の外観、エントランスのロケ地である某大学病院は、開院してまだ数年で新しいし、ロケーションも美しいし、実際あの辺は普段あまり人通りは少ないので、ロケするには最適だなと思います。

あの病院、エントランス入ると大階段ならぬ中階段があるので、沖田先生が階段の途中で振り返る画とか今後出てこないかな〜。絶対画になると思うんだけど。

 

さて、そんな私のちょっと辛口なネタバレ感想です。

続きを読む >>

それじゃ、またね。おつかれさま。

2017年になり、5日が過ぎました。

それは即ち、大晦日のあの中居くんのラジオから、5日が過ぎたということです。

 

これまでの人生で最も悲しい年越しと3が日を過ごし、どうにか仕事始めを迎えました。

私はメンタル強いほうでは全くなく、引きずるタイプなので、当然2016年を引きずったまま過ごしていました。

でも、このままだと私は前を向くことができない。

このまま落ち込んでいては、誰かが亡くなったわけでもないのに、悲嘆反応に苦しむことになりそうだった。日常生活にも支障が出るし、それは避けたかった。

2017年もSMAPを応援するために、自分なりに区切りをつける必要があると思いました。

ずっと敢えて目を背けてきた事実に、ちゃんと真正面から向き合う必要があると。

 

私が、グループ活動の継続が約束されなければ、紅白への出場に対して否定的だったのも、SMAPにピリオドをつけられるのが嫌で、花道をつくられるのが嫌だったから。

ずるい考えだと自分でも思っていたけど、自由に語れないのであれば、何も話さずに、ある意味うやむやにして2017年を迎えてほしかった。そうすれば、SMAPが消えてしまうという現実と向き合わなくても済むから。

でも、中居くんはそうはさせなかった。それが彼の厳しさであり優しさであると思う。

これもある意味SMAPが「持っている」ということなのか、大晦日のラジオ放送を担うことになったリーダー中居くんは、自らSMAPにけじめのピリオドを打った。少なくとも私にはそう感じた。

ファンに対して一旦の区切りを示すため、そして何よりあれは、彼自身が自分に言い聞かせるために。

 

2017年になっても、何事もなかったかのようにラジオを放送するしんつよや、編集長吾郎さんもありがたいけど、あの大晦日の中居くんのラジオには、自分なりに気持ちを整理して消化し、ちゃんと向き合う必要があると感じました。これからの彼らを応援するためにも。

どんな結果であっても、現状を受け入れて前を向くことは、決してSMAPを諦めることではないと思っています。

懸命に前を向こうとしているメンバーの言葉を読むにつけ、なおさらそう思います。

 

自分の気持ちを今一度整理し、いい意味で”自分の愛したSMAP”への未練を断ち切るため、これから書こうと思います。

(前置きで約900字!すでに長すぎ!)

 

続きを読む >>
アクセスカウンター


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
s.m.a.p
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM