スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

「ルージュ:硝子の太陽」

姫川玲子シリーズ「ルージュ:硝子の太陽」(誉田哲也著)読みました。

 

まさに慟哭したくなるほどにしんどい。

 

あまりにしんどくて吐きそうなので、感想を書きだします。(ネタバレあり)

続きを読む >>

モモちゃんとアカネちゃんと私

児童文学作家の松谷みよ子さんが亡くなった。

老衰で89歳だったそうだ。

松谷さんと言えば様々な作品があるが、私にとっては何よりも「モモちゃんとアカネちゃんシリーズ」である。

私の両親は、おもちゃはなかなか買ってくれなくて、8歳の誕生日に当時流行していた電子手帳がどうしても欲しかったのに、部屋に引きこもって泣きわめいても買ってもらえなかったことは、今では良い思い出。

だけど、本はおもちゃよりも買ってもらいやすかったように思う。

基本的には図書館を利用していたから、そんなに頻繁に買っていたわけではないけれど。

まだ小学校低学年だった私に、父が仕事帰りに買ってきてくれたのが、松谷みよ子さんの「ちいさいモモちゃん」の本だった。

ハードカバーのその本は、傘をさすモモちゃんが人形で表現された表紙が印象的で、少し特別なもののように思えた。

この本こそ、私の活字読書体験の原点に当たる作品である。

実は、今では内容はよく覚えていない。

「モモちゃんとアカネちゃん」シリーズの本のことを思い出したのも、一体何年振りだろう?

今日、松谷さんの訃報を知って、ものすごく久しぶりにこのシリーズの表紙を見て、ものすごく懐かしい気分になった。

内容は覚えていなくても、人形で表現されたカラフルな表紙は、強烈に印象に残っている。

たしか、口絵にも人形の写真が載っていて、それがとても好きだった。

当時は、活字の本を読むということがなんだか偉いことのように思えて、ちょっと大人になったような気がして、両親に褒めてもらいたくて、そんな動機で本を読んでいたように思う。

特に、「ちいさいモモちゃん」はシリーズものだったから、「シリーズを全部読む!」という目標を掲げて読んでいた。

読み終わると、父が続きの巻を買ってきてくれて、新しい本を手にして、カラフルな表紙を見てワクワクしていた。

全6巻あるが、「ちいさいモモちゃん」の初出は1960年。6巻の「アカネちゃんとなみだの海」は1992年発売。
実に32年にも渡って書かれたシリーズなのである。

私がシリーズを読んでいるころ、完結編となる6巻が発売され、とても嬉しく思ったことを覚えている。

私も、モモちゃんと同じ妹がいる姉だったから、モモちゃんに自分を重ね合わせていた部分もあったと思う。

松谷さんの訃報に触れて、小さいころのそんな思い出とともに、とても寂しい気分になった。

ほとんど思い出すことがなかったとしても、私にとって、松谷みよ子さんという作家は特別なものだったのだ。

そして大人になった今、もう一度読み返してみたいと思う。

きっと、幼いころに読んだ時とは全く違った何かを受け取れる気がする。

もう一度、モモちゃんに、アカネちゃんに、ママに、黒猫のプーに、白猫のジャムに、双子の靴下タッタとタァタに会いたい。

登場人物たちの名前を見ただけで、懐かしすぎる。

やっぱり、頭の片隅では覚えているんだなぁ。


ご冥福をお祈りいたします。

 

海街diary

友人に勧められて、話題の『進撃の巨人』1巻を近所のGEOでレンタルした時に、一緒に1巻を借りたらすっかりはまってしまった吉田秋生作の漫画『海街diary』。

マンガ大賞2013受賞作ということで、本屋さんに平積みされていたのを見て、ずっと気になっていた作品。

鎌倉を舞台に、幸、佳乃、千佳、そしてすずの4姉妹の、仕事や学校、恋などの日常を描く物語。

日常のみずみずしさを描いた漫画としては、以前に読んだ短編集『式の前日』も良かったけれど、この作品もとても引き込まれる作品です。

話が進むごとに、4姉妹を取り囲む人間関係がどんどん広がっていくのも面白い。

4姉妹が知らないところで、それぞれの知り合いがつながっていたりして、鎌倉というロケーションと、地域のつながりが残っている温かさがとてもいい。

ほほえましさや、ほろ苦さ、いろいろな感情が詰まっていて、普段は見えにくいものが見えてきて、考えさせられる。

現在のところ、5巻まで刊行しています。

鎌倉にも行きたくなってきます。

新鮮アジのアジフライ、食べたいなぁ〜。


えー、ちなみに、『進撃の巨人』はずっとレンタル中なので2巻以降が借りられず。
1巻だけじゃそんなにはまってないのですが、まぁ続きは気になるので、借りられるときに借りようかなと思っています。
アクセスカウンター


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
s.m.a.p
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM