スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

39

夏休みの、誰もいない学校が好き。
すごく蒸し暑い廊下に一人で立って、響いてくる蝉の声に耳を傾けていると、日常とは少しかけ離れた場所にいるような気分になる。
そう、気分は完全に夏休み。
お盆の時期は電車が信じられないくらいに空いていて幸せです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

39
KinKi Kids
キンキのデビュー10周年を記念したベストアルバム。
ファンの選んだベスト10、光一さんの選んだ14曲、つよしさんの選んだ14曲の3枚組です。
続きを読む >>

iD

KinKi Kidsの9枚目のオリジナルアルバム「i -iD-」が先日発売になりました。
キンキのオリジナルアルバムはCアルバムから毎回発売されるたびに購入しています。
別にコンサートに行くとかじゃないんですけど、単に彼らの音楽が好きだから。
今回もアルバムレビューしたいと思います。

全体的な印象としては、前作が「文句のつけようがない」くらいに素晴らしい作品だったので、それには及ばないものの、きっちり合格ラインまでは持ってきたな、という感じ。
ただ、最近のオリジナルアルバムと比較すると、ちょっと印象が薄い気はするけどね。
あとは、全体的に少し懐かしい感じ?90年代前半っぽい・・・。
前作はストレートに「いい曲」が多くて、耳なじみも良かったけれど、今回はちょっとクセのある曲多し。
ただ、アルバムでしか出来ない冒険もあるだろうし、聞き込んでいけば印象が変わるかも。

私は通常版を買ったのですが、初回盤の真っ赤なジャケットのポスターをCD屋さんで最初に見たとき「たらこキューピー?」かと思いました(笑)。

今回は比較的日本語タイトルが少ないですね。
あと、バラード少なめ?

続きを読む >>

月の凍る夜に・・・

昨晩も、今晩も、月が美しいです。
少し離れたところで赤く輝く火星との共演にも心奪われる夜。
KinKiの『月光』が聞きたくなる夜。

会社から帰る途中、そんな夜空を見上げながら、ウォークマンでHアルバムの『WATER SCREEN -theme of H-』から『ビロードの闇』と聞いていたら、自分の歩いている場所がどこか不思議な世界であるかのような錯覚をしてしまうほど。

家のCDプレーヤーでBGM的に楽しんだ後、今日からは通勤途中にウォークマンで1曲1曲をじっくり楽しんでいます。
改めて、ハズレのないアルバムだと思う。

そんなわけで、すっかりHアルバムの虜になった私は、今日もアルバムを語ります(笑)。
Hアルバムは、SMAPやミスチルやV6など今年私が買ったアルバムの中で一番好きです。
今年のベスト・オブ・アルバムに決定ですね。

4曲目の『【AOZORA】』は、他の人が歌ったら、ともすれば退屈気味の曲になりそうなところ、キンキが歌うと思わず耳を傾けたくなるバラードになる。
バラードを「聴かせる」というのは、こういう歌い方をいうのでしょう。
楽曲が本来持っている力を、120%引き出す力がキンキにはあると思うのです。
だから、SMAPの「夜空ノムコウ」や「らいおんハート」や「It’s a Wonderful World」をアレンジし直してカバーするのを聴いてみたいなぁ。
去年のカウコンでキンキが「夜空〜」を歌ったときの衝撃は忘れないです。
番組でもいいから、カバーしているのを聴いてみたいです。
ちょっとNOKKOの『人魚』っぽいアレンジだなぁと思いました。

5曲目『キミハカルマ』はまずタイトルの響きが好き。
「ダンスナンバーがないから」ということで採用されたというこの曲。
ダンスナンバーがないってことは大人しめの曲が多いのかと思ったけど、全くそんなことはなく。
バリバリにダンスを意識した曲はなくても、アップテンポな曲や明るい雰囲気の曲は多いからなぁ。
だから、唯一のダンスナンバーということらしいけれど全く浮いてないし、イントロとか島谷ひとみやBOAっぽいなぁと思いました。
女性バックダンサーをつけて踊っているところが見たいですね。

10曲目『ダイヤモンド・ストーリー』は、リンドバーグとかの、少し前のバンドっぽい楽曲。
走り出したくなる(笑)。

11曲目『駅までは同じ帰り道』はSMAPや嵐が歌いそうなゴキゲンソングですね。
アイドルソング完全脱却したキンキですが、これは唯一アイドルソングっぽいかも。
休日の晴れた日、おでかけのお供に聞きたい1曲。

相変わらず『恋涙』が大好きなことには変わらず。
もう殿堂入りですね、この曲は。
気が付くと、『恋涙』と『キミハカルマ』と『99%LIBERTY』の鼻唄を歌ってるんですよ〜。
今日も、仕事中でも脳内『恋涙』エンドレスリピートでした。

1曲ずつ感想は述べない、なんて書いておきながら、ちゃっかり書いてますが。
だって、通勤途中に音楽と1対1で向き合いながら聴いていると、自然と感想が湧いてきたんだもの。

なんか、今年のキンキコンに行きたくなってきた。
チケット無理ですけど。
でも、アーチストなキンキが大好きな私としては、一度コンサートに行ってみたいのよねぇ。
ファンクラブに入らずとも行ける方法ってないかしら。

コンサートには行けずとも、ライブDVDが出たら買ってしまうかもしれない。
ていうか、絶対買う!


今朝、また夢を見た。
SMAPが『Triangle』を歌っていて、5人の周りを宝塚出身の女優さんたちがぐるりと囲んで、コーラスを歌ってるの。
そして、私はそれを遠くから見て、歌を聴きながら泣いてるんだよね。
「ああ、いい歌だなぁ〜。」と思って。
これは、単に『Triangle』の発売が待ちきれないだけ?
でも、何で宝塚・・・?
アクセスカウンター


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
s.m.a.p
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM