<< お年玉妖怪オカダ | main | 毎度いらっしゃいませ♪ >>

スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

世界に一つだけの"家族ノカタチ"

日本橋方面に出かける用事があったので、ついでに持っていなかった「ココカラ」のコレド室町限定盤をゲット。

ココカラ(コレド室町限定盤)

もう売っていないかと思ったから、嬉しい。
封入されているコレド室町内で使える割引券は期限が過ぎていますのでご了承ください、と販売のお姉さん。
四角く切り取られた窓から、SMAP5人が覗く仕様のジャケットが凝っていて素敵。
江戸切子とか、日本の伝統芸術を思わせますね。
販売箇所限定盤は、「Amazing Discovery」のUSJ限定盤もあって、こちらはジャケット違いだけだけど、この限定盤は「ココカラ」のヒャダインさんのリミックスも入っているから、機会があったら買おうと思っていたんだよね。
あと、USJは行く機会がないという悲しい理由も・・・。
ハリポタ好きとしては一度は行ってみたいですけどねぇ。

SMAPとセブン&ホールディングスさんとの契約、終わっちゃったみたいで、これは非常に残念。
ビストロとのコラボ、毎年楽しみにしていたのに。
スマスマやサムガ、ワッツのスポンサーは今後も継続していただきつつ、ビストロとのコラボだけでも続けてもらえないかなぁ。
ほんと、残念(>_<)

さてさて、週末のSMAP番組いろいろ。
19日のサムガ、なんか中居くん、話し方がかわいかったねぇ。
ていうか、あんなにデレ中居さんだと心配になるんですが。
2回分まとめ録りだから、収録回ごとにテンション違うのはわかるんですが、例の一件頃は、敢えて明るく話してるのかな、と思っていて、先々週くらいからはようやく元の低めのテンション(笑)に戻ったなぁ〜、いい意味で通常運転だな、と思っていたんですけど。

中居さん、あなたはネットとか余計な記事は見なくていいですよ。
そのほうが感情をフラットに保てるだろうし、知らない方が幸せなこともある。
そうでなくても風当り強いんだろうし、わざわざ見えないところに散らばる悪意と接触する必要はない。
自分たちのことしかり、野球界のことしかり、上半期っていうか、まだ3か月経ってないけど、いろいろありすぎすよねぇ。
立場上言えないこともあるだろうし。
来週は今期のプロ野球について話してくれるのかな?
まぁ、中居さんにはこれからもあんまりいろいろな人が聴いてるとか意識しないで、話せる範囲で話したいこと、ラジオでは話してほしいですけどね。

しかしだ、カレーに入れる具材の話で、「にんじんさん、玉ねぎさん、じゃがいもさん、アスパラさん」って!
何、そのかわいさ。何で野菜に「さん」付け?
先日のナカイの窓のハワイ前編でも、「お野菜」って野菜に「お」付けてて、「中居さん、かわいすぎ」って思ってましたけど、ええ、そういうとこ好きです。
さらに、木村さんもワッツで「シリアルさん」とシリアルに「さん」付けだったらしいし。
一般的にかわいさからは遠い2TOPが意外とこういう言い回しして、一方でロハスは意外とこういう、物の擬人化ってしない印象なんですが。
慎吾ちゃんはもともとかわいいイメージだから、スマステて深海魚の「ごっこ」を見て「何この子〜!」とか言ってるとかわいさ倍増。

昨日は、「家族ノカタチ」最終回でした。
ホームドラマ、結婚できない男女の話、っていう触れ込みで、食指が動かず、1話から見ていなかった私ですが、何気なく見た8話が面白くて引き込まれて、3話だけだけどリアタイしました。
そんな私ですが、僭越ながら最終回見た後の感想を書かせていただきます。

8話見たときにまず思ったのは、キャストの皆さんが素晴らしいのはもちろん、後藤さんの脚本がとても良いなぁということ。
大介と葉菜子はもちろん、2人を取り巻く人たちの心の動きを丁寧に書いているから、物語に引き込まれてしまう。
そして、芸達者な役者さんたちによって、セリフでは表現されていない脚本の行間の繊細な心の動きまで、丁寧に演じられている。
慎吾くんの新しい表情をたくさん発見したし、ああ、こんな表現できるんだって思いました。(上から目線ですいません)

決して派手さがあるわけではないけれど、ドラマとは本来こういう物語を言うのでしょう。
ちょっと癖があるけれど、どこにでもいる人たちの日常を、ドラマならではの嘘もバランスよく交えつつ描いている。

原作モノや刑事、病院ドラマが多い昨今、確かに私もミステリーや医療ドラマ好きだから刑事ものや病院ものを中心にチェックしてしまうのは事実。
そんなトレンドの中で、敢えてオリジナル脚本でのホームドラマ。
結婚したくない(できない)男女の話なんて、目新しくもないなんて思っていたのに、とても新鮮でした。

ドラマのTBSを言われるTBSさんの真骨頂を見た気した。
映画や2時間スペシャルではなく、これぞ連ドラで、しかも日曜劇場で放送するにふさわしい作品。

最終回、陽三さんが亡くなってからお葬式のシーンまでの描き方が、他のドラマにはないくらいに丁寧で、私はまだ両親を亡くした経験はないけれど、大切な人が亡くなった時のことまで思い出してしまうくらいで、ちょっと辛かったけれど、それくらいにリアルだった。
喪主挨拶でプロポーズだなんて、普通はありえないけど、大介はあの勢いがないとプロポーズなんてできなかったかもしれませんね。
にぎやかが好きだった陽三さんも、近くで見て喜んでいることでしょう。

お互いの家を行ったり来たりの大介と葉菜子のふたりで生きるという家族ノカタチ、なんとなく予想はできていたけれど、とてもきれいな着地でした。
一つの連ドラとして、とてもきれいにまとめたなぁと思います。
ツイッタ―で「これは中居くんの理想の結婚では・・・」というつぶやきが多数あったのがツボ(笑)。

最後、"世界に一つだけの「家族ノカタチ」"のテロップも、スタッフさんの愛を感じました!
樹里ちゃんのドラマ見るは、「のだめ」→「ラスト・フレンズ」以来か?
かわいい役もボーイッシュな役もこなせて、今回も葉菜子というまっすぐな女性をまっすぐに演じていて、とても好感が持てました。
樹里ちゃん本人も、飾らない人柄なんだろうなぁと思うし、何よりも慎吾ちゃんとの相性が良いというのが嬉しかった。
樹里ちゃんのファンの方も慎吾ちゃんとの共演を喜んでくださっているという声を読んで、ますます嬉しくなりました。

西田さんのケガも心配していたんですが、無理のないように最後まで陽三役を演じ続けてくださって、心から感謝です。

そして、いろいろあった時期だけど、慎吾ちゃんが楽しんでで大介を演じ続けられる環境を作ってくださり、このドラマに出会わせてくださった韓プロデューサーはじめスタッフのみなさんに感謝です。


冬クールのドラマもこれでひとまずだいたい最終回迎えたかな。
春クールはあんまり見たいのないんだよなぁ。
定番の「9係」は視聴継続だけど、あとは竹野内さんと松雪さんの「グッドパートナー」が気になるくらい。
あとは、吾郎ちゃんの「不機嫌な果実」をチェックするかなぁというくらいで、本当に見たいのが無いな・・・。

昨夜は、「関ジャム」にクドカンさんがご出演ということで、もしかしたらバンバカ話あるかも〜と思って見ていたんだけど、クドカンさん登場前に寝落ちするという失態を。
録画しておけばよかった・・・。

どうやら、国立ライブでSMAPがバンバカ歌うシーンが流れたらしいではないか。
これは、良い変化と見ていいんだよね?

|冒阿世楊畋爾ん
当たり前だよ 前田さん
A暗弔気鵑覆鵑董,Δ舛砲呂い覆ぁ
の歌割のエピソードが興味深い。

クドカンさんはこの部分の歌割はSMAPサイドにおまかせしたそうだけど、彼の中では「^雎 ¬畋 0雎澄廚箸いΣ駭辰領れを予想していたとのこと。
そして実際は「々畆 ∩陲覆 L畋次廚箸いξれ。
ファンからすると、この流れ、すごく「あるある!」なんだよね。
慎吾が木村くん褒めて、木村くんが何か言う前につよぽんがボケて(天然か確信犯かは不明)、木村さんから冷静な突っ込みっていう(笑)。
さらにその後の「バイクの免許欲しいな」がつよぽんで、木村さんの冷静な突っ込みスルーで全く別の話題に行くっていう。。。
今まで何気なく聴いていたけど、これからちょっと見方が変わりそう。

今日は「図書館」と「スマスマ」。
図書館、吾郎ちゃんのゲストでの、ナカゴロの絡み楽しみすぎだ。
(最近、ナカゴロが妙にツボなんだよねぇ。)

スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • 10:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









アクセスカウンター


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
s.m.a.p
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM