<< それじゃ、またね。おつかれさま。 | main | 日曜劇場『A LIFE』第1話を見て >>

スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

映画『君の名は。』

今更ですが、映画「君の名は。」の感想です。

私はもともと新海監督作品が好きなので、この「君の名は。」も8月の公開2日目に観に行っていました。

2回目はいいかな、と思っていたのですが、このたび2週間限定でIMAX上映があるということで、観に行ってきました。

 

(以下ネタバレありです。)

これは男女の入れ替わりの話ですが、1回目に観たときから、物語の早い段階で時代のずれがあるんだろうな、とは思っていました。

でも、数日とか1週間とか、それくらいのスパンのずれだと。

だから、実際3年のずれがあったことは、ちょっとした驚きで、同時にすごく絶妙な長さの時間だな、と感心したものです。

でも、ある方が指摘されていましたが、2人は曜日の違いで年が違うことに気がつかなかったのか、ということ。

この辺は、敢えて入り変わり中は気づかないようになっていたのかな、と思います。

それよりも、瀧が高校生とはいえ、糸村町が彗星被害にあった町だと気付かなかったことのほうが謎だったけどな。

 

そして、鑑賞1回目は、新海監督が果たしてこの物語をどうやって収束させるのかが一番気になっていました。

いかんせん、新海監督は物語に登場し惹かれあう男女を別れさせるエンディングで有名な別れの名手ですから。

糸村町の彗星落下による被害を食い止められず、三葉死亡エンドという最悪なパターンも危惧していました。

無難なところでは、彗星落下による被害が食い止められたあとも、記憶も消え、結局最後まで二人はすれ違って終わるかな、とも思っていました。でも、そうはならなかった。

最後、あの階段で、二人はそれぞれ立ち止まって振り返り、瀧が声をかける。そのハッピーエンドにほっとしました。

 

昨日の鑑賞2回目は、IMAXということで、画面も大きく、迫力ある音楽に感情を揺さぶられながらの観賞となりました。特にこの映画を象徴するRADの音楽を大音量で聴けたのがとても良かったです。

1回目は見逃していた「ユキちゃん先生」を確認。

前作「言の葉の庭」に登場する雪野先生では?と噂されてるキャラクター。

声優も同じ花澤香菜さんだし。雪野先生が飛騨にいる経緯は不明だけど。。。

前作と今作はキャラクターデザインが違う人だから、1回目では気がつかなかったんだよねー。

 

結末知って観るので、冒頭から泣けます。

最初のシーンは大人になった二人の、互いを探し続ける姿だったんだなと改めて気づいて。

 

それから印象的だったのは、瀧と三葉が宮守神社の御神体の祀られている山頂で時空を超えて出会うシーン。

三葉は照れ隠しのためか、瀧に文句言ったりしてるんだけど、瀧はそれを全部受け止めて、冗談でも三葉に文句言ったりしてないんだよね。

本当に瀧は三葉と出会ったことで変わったんだな、と思った瞬間であり、三葉のことが好きなんだな、と思った瞬間でした。

 

個人的には「言の葉の庭」のほうが好きなんですけど、この作品を通じて新海作品が広く知れ渡ったのはすごく嬉しいです。

スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • 23:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









アクセスカウンター


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
s.m.a.p
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM