<< 2017年、春。 | main | 2018年を振り返る。 >>

スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017年を振り返る。

どうも、年末ブロガー桐原ゆうみです←

今年、1回もブログ書いてないんじゃないかと思いましたけど、一応書いてましたね。

すっかりTwitterの住人になってしまって、ブログを書くこともほとんどなくなりましたが、1年の振り返りはこちらで。

 

2017年、個人的にいろいろありました。

幸い、そんな、深刻なことじゃないけど。

相変わらずのお気楽人生で、たいしたもの背負ってませんし。

ただ、よく自分生きてたな、と思います。いや、本気で。

2017年の目標、「心身ともに死なない。」でしたから。

なので、年末まで心身ともに生き延びた自分を褒めてあげたい!

 

2017年の漢字1文字で表すなら「図」か「新」か「秀」ですかね?

え、最後は何だって?

それはここには書かない(笑)。

 

1年振り返って、長かったかな?短かったかな?と毎年考え、長くもありす過ぎてしまえばあっという間だったな、というのが毎年の感想なんですが、今年に限っては「長かった!!」。

全然あっという間じゃなかったし、短くなんてなかった。

 

とうことで、今年は何をしてたか、順番にざっくり振り返ってみます。

 

SMAP絡みですけど、1月だとビクターさんが開催してくださったライブ衣装展示めぐりしてましたね。

それから、つよぽんのドラマ「嘘の戦争」と木村くんのドラマ「ALIFE」。

本当に今年でしたっけ?というくらいに遠い遠い記憶です。

特に衣装展示とか、あれまだ今年だったんだ・・・。

1月から3月は、SMAPの喪失感を、つよぽんと木村くんのドラマで上書きしてました。

 

そして4月。

会社にて、3月下旬に予想だにしない異動内示。

前任が急に退社することになり、急遽私が後任につくことに。

しかも、今年がその仕事のヤマで。

タイムリミットは1年間。

そしてたぶん、誰もやりたくないであろう仕事(苦笑)。

異動内示後、全くモチベーションがわかない仕事は、入社して10年以上経つけど初めてでした。

仕事に対して前向き感を全く持てない。自分でもびっくりするくらいに。

でも、仕事内容は仕方がない。問題は人間関係。

しんどかった、本当に。

入社して1番か2番かというくらいに辛かった。

入社4年目に人間関係しんどい職場に配属になり、そこがこれまでベスト・オブ・しんどい職場で、でもその後私も少しは経験も積んだし、多少人間関係しんどくてもどうにかなる、すると思ってた。

無理。ほんと無理。

昔と違って中途半端に昇進もして責任が増してるから、余計にしんどかったりもして。

4人のチームだったんですけど、2人潰れました。

そのうちの1人は上司です。

これまでも何人もつぶれる人を見てきたけど、上司というのはさすがに初めてで。

私もすごくメンタル的に厳しい時期があり、そんなときにその上司を盾にしてしまったので、責任も感じつつ、残った同僚と「やるしかない。」を合言葉に腹をくくり・・・。

まだ仕事は途中だけど、どうにかこの年末を生きています。

夏休みもどこも旅行行かなかったな・・・。

 

5月から8月までにかけては、吾郎さん、つよぽん、慎吾ちゃんの事務所退社やスマステ終了が報じられたり、SMAPごとに関しては、相変わらず悔しくて辛くて、たまの嬉しさにどうにか希望を見出して、ふわふわ不安定な日々。

 

そして9月。私の心が折れる寸前だった時期。

本気で、カウンセリングの門を叩こうかと思っていた時期。

なんだろうね、何か明確なきっかけがあって折れるんじゃなくて、小さいダメージが積み重なり、ある日容量を超えた瞬間、突然エンジンがかからなくなる。

自分でもちょっとびっくりした。

エンジンかけて前に進まなきゃいけないのに、かけられない。もう一歩も前に進めない。

仕事上の課題や困難に立ち向かうなんて無理。

それでも、仕事は待ってくれないから、這うような気持ちでどうにか前に進んでる状態。

そんな状態で9月の大半を過ごし、カウンセリングの検討も始めたとき、9月22日に舞い込んできたのが「新しい地図」の立ち上げ。

いつ以来だろう、あれほど心がすがすがしく、晴れやかで、幸せで楽しくて嬉しくて、何より勇気づけられたのは。

新しい地図のサイトに公開された動画の「逃げよう、自分を縛り付けるものから」のキャッチは最高だった。

確実に、この言葉が私を救ってくれました。

「逃げよう」と言われて、私は逃げずにがんばろうと思えました。

もう何も怖くなかったし、生きる力がわいてきました。

ほんと、言い方悪いけど麻薬なんじゃないかと思うくらいに、私の折れかけた心への効果は絶大だった。

逆に、あのタイミングで「新しい地図」の発表がなかったら、私の心は本気で危なかったと、今でも思っています。

本当に、「新しい地図」には感謝しかない。

 

11月3日から新しい地図の3人で72時間本音テレビをAbemaTVでやるというので、10月にはパソコンを買い替え、ネット環境を見直し、ネットテレビ本格デビューに向けて準備しました。

そして挑んだ、11月2日21時からの本音テレビ。

3人のSNSデビュー。相変わらず住む世界の違う雲の上の人たちで、その距離感を維持しつつ、我々庶民と戯れてくださっている。

ネット上の写真解禁もだけど、まさかこんな日がくるなんてね・・・。

全部は見られなかったけど、やはり森君との再会が一番ぐっときたな。

あの日、慌てて外出先から戻ったのが懐かしい(笑)。

 

それからも、新しい地図からの会員証やバースデーカードが届いたり、映画の発表があったり、カレンダーの発売があったり、いろいろいろいろ、本当に楽しい毎日。

新しい地図だけじゃないけど、推しとか好きなものたちにすごくすごく助けられた1年でした。

 

ああ、先日、私の元推し;岡田准一が私の誕生日に入籍してくれた時はさすがに気持ちを揺さぶられたけどね(苦笑)。

ちょうど「そろそろ結婚しないのかなぁ。」と漠然と考えていた時に、郵便のフライング誤配で発覚してね・・・。

素直におめでとう言うためにファン辞めたのに、全然素直に言えなくなっちゃったよね。

ファンを辞めた私に対する当てつけかよと思うくらいにムカついてきて、もう笑うしかないっていうか泣けてくるっていうか。

なんだかんだ、10代のころずっと本気で好きで応援していた人ですからね。

私はアイドル岡田准一じゃなくて、俳優岡田准一のファンだったけど、嫌いになってファン辞めたわけじゃないし、むしろ好きでい続けるのがしんどくて辞めたし。

ファンクラブの報告もクリスマスイブ指定で物議醸してるしねぇ。。。

そんな感じでモヤモヤしたり悔しかったり悲しかったりしてたんですけど、結局1周まわって全部ひっくるめて「ほんとしょうがない奴だな、岡田准一。」って思えてしまって許せてるっていうかどうでも良くなってるあたり、好きになった私の負けってことか。

私はジャニーズ好きじゃないから、だから岡田のジャニーズであること、アイドルであることをずっと負い目に感じている点については肯定できてしまうし、V6は岡田が続けたきゃ続ければいいし、辞めたいなら辞めればいいと昔からずっと思ってて、何だったらジャニーズ辞めてもいいじゃんと思ってるくらいなので・・・V6も好きだったけど、やはり私は極めてオンリー寄りの岡田ファンだったんだなとここにきて実感してる次第です、はい。

 

まぁ、今年は今現在の推しの披露宴という名の舞台挨拶に参加できたんで十分幸せです←

 

最後に、今年は久しぶりに昔やっていた毎年恒例;今年行った舞台や映画などのエンタメまとめをして締めたいと思います。

 

<映画>

*「君の名は」→ 公開は去年だけど、年明けにIMAXで2回目を見た。

 

*「この世界の片隅に」→ そうか、これ観に行ったのも今年なんだね・・・。

 

*「ラ・ラ・ランド」→ あまり洋画見ないけど、ミュージカル映画好きだし話題になっていたので。IMAXで見ました。音楽も好きでiPodに入れて聴いてます。

 

*「相棒 ー劇場版検檗→ あ、これも今年だっけ?相棒の劇場版の中で一番好きです。薫ちゃん卒業後で熱が冷めて距離を置いてる相棒だけど、久しぶりに映画のムック本買っちゃいました。

 

*「3月のライオン」(前編・後編)→ スマステで慎吾ちゃんが絶賛していて観に行ったんだよね。そしたら将棋も原作も知らないけど本当に素敵な映画だった。前編は近所の映画館に主演の神木君と大友監督と主題歌のボクリリさんが舞台挨拶に来るっていうので、チケットまだ売ってたし、偶然舞台挨拶見られてラッキーでした。

 

*「無限の住人」→ SMAPファンとしては2017年の映画と言ったらコチラですね。木村くんの新境地、本当にかっこよかった!

 

*「美女と野獣」→ ディズニーアニメの「美女と野獣」が大好きでもちろん観に行ったんだけど、なんだろ、不完全燃焼感・・・。英語で歌が聴きたかったので、字幕版で観て、豪華な日本語吹き替え版も観ようと思ったけど、結局2回目は行かなかったな。

 

*「追憶」→ 元推し;岡田准一が出てるから観に行った映画。作品は非常に素敵で、観に行って良かったなと。ただ、共演の小栗君や柄本くんと比べて、岡田さんの身長が低いのがなんか残念だな、と思ってしまった作品でもあった。今、イケメンでかつ170センチ台後半当たり前だったりするからねぇ。。。

 

*「三度目の殺人」→ このタイトルの意味とか、いろいろ考えさせられましたねぇ。私は結構好きです。

 

*「亜人」→ 予告編で観た玉山鉄二がかっこよかったので観に行きました。結果、本編より主題歌に魅せられました。

 

*「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」→これも本編より主題歌と劇中でヒロインが歌う松田聖子の「瑠璃色の地球」が心に響く映画だった。

 

*「○○○○」(単館系の某映画)→ SMAPじゃない推しが出ているので観に行ったインディーズ公開の映画。作品名は非公表で。

 

*「○○○」→ こちらもSMAPじゃない推し絡みの映画。「ハゲタカ」「ドラゴンボールZ 神と神」に続き、映画館に通うことになった作品。すでに11回(!?)観てるので、12回観た「ハゲタカ」に肉薄してきましたね〜あはははは。こちらも作品名は非公表でー。

 

*「DESTINY 鎌倉物語」→ 「ALWAYS 三丁目の夕日」の監督・スタッフによる映画。白組によるVFXはさすが圧巻。意外な展開、素敵なファンタジーでした。 

 

 

<コンサート>

*Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 「Thanksgiving 25」@札幌ドーム

→ 今年行った唯一のコンサート。6月に久しぶりに北海道に遠征して、大好きなミスチルの記念すべき25周年ライブに参加。

これほんと、神様からのギフトだと思いました。それくらいに本当に素晴らしくて。

ライトなミスチルファンである私のような人間が泣いて喜ぶ、シングルやアルバムのメジャーな曲をたくさんやってくれて、本当におなかいっぱい。

心残りは、結局今回も「HANABI」を生で聴けなかったよう!ってことくらいかな。それ以外は聴きたい曲はみんな聴けました。

 

 

<舞台>

*シス・カンパニー公演「子どもの事情」(作・演出:三谷幸喜)

→ 天海さんと大泉洋さん出演だし、見たかったけど、うっかりチケット取るの忘れてたところ、偶然追加販売で取れまして。

本当にラッキーでした。これも今年の神様からの贈り物その2でした。

 

 

<その他>

*「全国梅酒まつり in 東京2017」@湯島天満宮

→ 10月上旬に開かれたイベント。昼間から全国のいろいろな梅酒を試飲して飲み比べてきましたー。

 

 

以上!舞台とコンサートは2014年以降、控えめになっちゃってるので、今年も各1公演のみでしたね。

でもどちらも、仕事が辛くてしんどい自分に対する神様からのギフトと思えるくらい、観に行けて嬉しいものでした。

映画は我ながら意外といろいろと観てたなという印象。

意味不明な伏字作品とか11回観てるとかは気にしないでください←

 

来年もすでにチケット買ってる公演とかありますし、今年は仕事漬けだったから、来年はもうちょっと心に余裕ある暮らしがしたいです・・・。

それではみなさま、よいお年を!

スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • -
  • 07:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









アクセスカウンター


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
s.m.a.p
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM